SCIENCE PARK
Project

サイエンスパーク整備計画

ここはサイエンスパーク
持続可能な社会を目指す場所

2001年山形県鶴岡市で始まったサイエンスパーク計画。
慶應義塾大学先端生命科学研究所の誕生をきっかけに、
バイオサイエンスを核とする多くのベンチャー企業が輩出され、
日本有数のインキュベーションエリアへと成長を遂げました。
サイエンスパークが目指すもの、それは持続可能な社会を実現すること。
最先端のテクノロジーがもたらす理想の社会を夢見て、
研究者たちによる挑戦が、日々繰り返されています。
私たちの役割は、街づくりで、その挑戦をサポートすること。
世界から集まる研究者とその家族が、幸せに暮らす環境を創ること。
訪れる人々が、研究者たちの挑戦のファンとなる環境を創ること。
地域の人々から愛され応援される、サイエンスパークを創ること。
新産業と街づくりの両輪で、社会の未来を創る挑戦が加速します。

サイエンスパークヴィレッジ(仮称)

Science park village

天然温泉の大浴場や地域の食材を使ったレストラン、ビジネスラウンジやフィットネスなどを設けた宿泊滞在複合施設。多くの人が抱えるストレスや疲れを癒やし、新たな活力が生まれる場所にしたいという思いから「Self-Maintenance 心と身体を整える」をコンセプトとした当施設は、これからの庄内を訪れる方々全てにとって最適な環境を提供すると共に、地域の方々の生活環境の向上に寄与することを目的としています。建築設計は坂 茂氏が手がけ、自身初めてとなる宿泊施設として、木のぬくもりが感じられる豊かな滞在空間を作り上げます。

施設名称
サイエンスパークヴィレッジ(仮称)
所在地
山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣82
敷地面積
約34,600平方メートル
延床面積
約7,500平方メートル
構造
共用棟:混構造(鉄骨及び鉄筋コンクリート造)地上2階
客室棟:木造、RC造 地上2階
施工
サイエンスパーク特定建設工事共同企業体(SPJV)
建築設計
坂茂建築設計
ランドスケープ設計
オンサイト計画設計事務所
施設構成(予定)
天然温泉、レストラン、フィットネス、ビジネスラウンジ、物販
客室仕様(全150室)
ダブル、ツイン、メゾネット、スイートの4タイプ
※一部バリアフリー対応
開業
2018年夏(予定)
サイエンスパーク 宿泊滞在複合施設着工 記事はこちら   http://yamagata-design.com/488

子育て支援施設

Child Facilities

Coming Soon.

慶應義塾大学先端生命科学研究所

Institute for Advanced Biosciences, Keio University

所長:冨田勝 設立:2001年

山形県鶴岡市にあるバイオ研究所。この研究所では、独自に開発した「メタボローム解析技術」などの最先端のバイオテクノロジーを用いて、疾患マーカーの検索、腸内細菌の分析など幅広い分野で研究が進められている。研究所の成果からこれまで5社のベンチャー企業が生まれ、新たな産業が生まれようとしている(2016年11月現在)。
http://www.iab.keio.ac.jp/

新産業施設

New industry facility

鶴岡市が整備したインキュベーション施設である鶴岡メタボロームキャンパス(T-MEC)には、慶應義塾大学発ベンチャーを中心に、様々な企業が入居している。
また、一部ベンチャー企業においては、その成長に応じ、隣接地に研究施設などを建設、事業拡大を行っている。
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/static/TsuruokaMetabolomeClusuter/tmec.html

  • HMT

    ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社

    代表取締役 社長:菅野 隆二 設立:2003年

    生体内の代謝物質を短時間で網羅的に解析できる「メタボローム解析技術」を核に、うつ病の診断を血液検査で補助する画期的な診断方法を開発中。2013年東証マザーズに上場。受託解析では、製薬・医療・食品・化学など様々な分野の研究開発を支援している。
    http://humanmetabolome.com/

  • metagen

    株式会社メタジェン

    代表取締役社長 CEO:福田真嗣 設立:2015年

    糖尿病や動脈硬化、大腸がんなどをはじめとする様々な疾患と深い関係があるとされる腸内フローラ。そのバランスを正確に把握する技術を確立し、腸内環境の制御(腸内デザイン)による健康長寿社会の実現を目指している。
    http://metagen.co.jp/

  • spiber

    Spiber株式会社

    取締役兼代表執行役:関山和秀 設立:2007年

    植物性の原料から生産される人工合成クモ糸繊維をはじめとした「構造タンパク質素材」を新世代の産業用基幹素材として、大規模に普及させる事業開発を行う。アパレルや自動車産業など様々な分野での活用が期待されている。
    https://www.spiber.jp/

  • metcela

    株式会社メトセラ

    代表者:岩宮貴紘/野上健一 設立:2016年

    新たな心臓再生医療技術の研究開発、実用化を目指している。

    http://metcela.com/